「ばかもの」見ごたえ

映画「ばかもの」は見ごたえ満載

徹底的にどん底まで落ち込む見事な演技を見せる成宮くんは、映画の前半部分の19歳のどこにでもいる大学生でまだ女性を知らないウブで額子に翻弄されながらも、戸惑いながらもどんどん惹かれている姿の前半から、徹底的にどん底まで落ちていくヒデを演じています。見所のひとつでもある、内田さんとの官能的なラブシーンもありますが作中にあるたくさのラブシーンの中でも成宮くんが一番好きなシーンは、映画の最初の方に登場してくる場面の中で、ヒデが額子を背中から抱きしているシーンだといいます。

後ろからヒデは額子を抱きしめていますが、ヒデの見ている目線と額子の目線が違っているというシーンです。ふたりの目線の違いは、それぞれの目指している方向性の違いを表しているシーンとなっています。原作の「ばかもの」をそのままに見事に映像化されています。原作にある「やりゃーい~んだろ、やりゃー」という過激なセリフも忠実に満載になっています。

セレブな生活を1日体験してみた結果…

ひとくちに輸入住宅 東京言っても、北欧風からアメリカ風など地域の特色によって種類はさまざまです。

「ばかもの」が生きることを実感する

交通事故にあって左手をケガをするヒデですが、左手を怪我をするというのもポイントになっています。それは左手というのは無意識を象徴しているからです。酩酊状態で運転して事故を起こして左手を負傷したということで、ヒデは無意識側に寄りすぎてしまったといえるでしょう。

アルコールにどっぷり依存した状態から、なんとか抜け出して中華料理店の店主から後継に…と思われるほどの働きぶりのヒデで、熱心に仕事をするヒデの様子を店主の娘も少なからずかなりヒデのことが気になっている様子です。果たしてヒデは、どんな道を選ぶのでしょうか?!

Youtuberになる!!!

オリジナルTシャツの事なら「ARROWSBLAND」にお任せ下さい。オリジナル刺繍を入れたTシャツを低価格・高品質で作成致します!ロット数も少数・大口対応しますのでどうぞお気軽にご相談ください。

あらすじ②

同級生の加藤に会ったことで、しっかりと仕事をして家庭を築いている加藤の姿をみてヒデは劣等感に襲われてしまいます。そしてそんな弱さから、またしてもアルコールに手を出してしまいます。また前のようにアルコール浸りの生活へなってしまうのか…

もうアルコールには手を出さないと決めたはずなのに、再び手を出してしまったことへの自己嫌悪に陥ったヒデは額子に縛り付けられたあの公園で、がっくりとうなだれてしまいます。そんなヒデの前に額子が飼っていた犬が出てきたのでした。

まるで額子の愛犬に導かれるかのように、額子の母が女将をしているおでん屋「よしたけ」をヒデは訪れます。そして額子の母から、ヒデは額子の母親から結婚した後の額子の不幸を聞くことになります。額子は結婚して嫁ぎ先のホームセンターで事故にあってしまったことから、左手を失ってしまったことを聞かされるのでした。左手を失った額子は、今は離婚して一人で片品で暮らしていることを知るのでした。

一人で暮らしていることを聞いたヒデは、額子のもとへと向かいます。そして突然の別れから10年後の再会となりますが、額子の姿は白髪になっていますがやはりヒデにとっては魅力的です。でも公園に置き去りされ突然の別れという苦い思い出があるため、ヒデは以前とは違って毎週のように額子が暮らす山の中の一軒屋を訪れますが、額子の身体を求めることはしません。でも、額子の求めに応じて、額子の右腕を洗ってあげたりと世話を焼きますが泊まることはなく終バスで帰っていこうとしますが、そんなヒデに迫りますがヒデの出した結論はどうなのでしょうか。中華料理店の店主からの誘いで婿になって、店のあとを継ぐことを断わったヒデが選ぶ道は額子と繫がっているのでしょうか~?!

額子からの一方的な宣告の別れから、時は10年経って19歳だった大学生からそれなりに人生のいろんなことを知り29歳の秀成は、額子を支えることができる男へなっているからこそ額子の元を訪れたとも言えるのではないでしょうか。

プチプラでセレブコーデをどこまでできるかやってみた!

芥川作家絲山秋子原作の映画『ばかもの』